子どもの学びと基礎の大切さ

子どもたちが学習する能力を身に付ける上で、基礎部分としての学習するスキルをきちんと身に付けることは、成人してからの問題や難関を乗り越える際の大きな糧となるでしょう。

それは算数・国語・理科・社会・英語など、様々な分野における学習能力が問われてくると思われますが、大人たちは子どもたちの成長を見守りながら、彼らの得意科目・不得意科目のバランスを整えるような導きが必要とされているでしょう。

苦手な科目に自ら挑戦するといった粘り強さをもった子どもであれば、大人たちのサポートがなくとも自主的に1つ1つ問題をクリアすることができますが、学習面において自分自身のつまづきに気づかない子どもたちもいるのですから、そのような子どもたちに寄り添うように大人たちの見守りから、子供たちの伸びしろを見つけ出してあげることが大切です。

たとえば、英語のテストの成績は高いのですが英会話となると極端に成績が落ち込んでしまう子どもや、算数の公式につまづいている子どもなどは、実は一学年下の基礎の部分の理解に大きな課題を抱えていたりもするものです。

学習力の基盤がしっかりとしていなければ、その上に重量のある知識をいくら積み重ねてもきちんとした思考の構成を積み上げていくことができるようになるものです。

返信を残す

必須項目には印がついています*