受験英語について

受験英語の弊害は、多くの問題にも、根強く残ってしまっており、完璧に話さなければ受験で見たような綺麗な英語にはならない、という風に信じている人が、残念ながら多いために、結果として、十分な英語力はあるが、それを頭の中で考え込んでしまうために、すぐに会話を進めることができない、というパターンに陥ってしまっている人も、多数いるということは、とても残念だと言えるのではないでしょうか。

ひとつずつの問題をクリアすると言う、受験英語の性質と、文全体の意味が通じれば良いと言う英会話は、全く違うベクトルに英語を活用していると言ってしまっていいと考えられます。

受験英語で学んだ単語や文法などが、全く英会話に生かすことができないというわけではありませんが、むしろ、受験英語で基礎的な文法として学んだことが、英会話ではメインとなって取り上げられることが多いということは、受験英語でも重要なものを先に習ってるという意味で英会話に通じている部分があるわけです。

受験英語の最後の方に習う難関大学などが、好んで出すタイプの英文法などは、ほとんど会話では使われません。

返信を残す

必須項目には印がついています*