英会話講師のスキル

 英会話講師は英語の能力に長けた人ですが、それ以外にも様々なスキルを有しています。その一つがコミュニケーションスキルです。英会話学校はレッスン中、生徒と絶えずコミュニケーションを図ることになります。話しやすい生徒ばかりとは限りません。内向的な生徒とも積極的に会話しなければ、全ての生徒に良質な授業を提供することはできません。また、教授スキルも持っています。教授スキルは学校の教師等に求められるものですが、英会話講師も教授スキルの高い人たちだと考えられます。ある分野で能力の高さを認められている人が、その分野の基本を初心者に教えるのに苦労することは珍しくありません。英会話講師も同様に、話せるからといって、教えられるとは限らないのです。
 上述したスキルは、英会話講師として最低限具えておかなければならないものだと言えますが、実は他にも求められるスキルは沢山あります。例えば、事務処理能力はその典型例でしょう。レッスン以外にもパソコンで情報管理したり、報告書を書いたり、採点したりする作業に従事しなければならないからです。業務中にこれらをこなせなければ、自宅に持ち帰ってから作業しなければなりません。
 さて、英会話学校は社会人向けのものが大半ですが、中には子ども向けのものもあります。子供向けの英会話学校では、講師は特別なスキル、対応を求められます。というのも、生徒である子どもの行動は予測不可能だからです。非常に気まぐれで、毎日教室の雰囲気は変化します。マニュアル通りに授業を展開しても、いつも上手くいくとは限りません。講師は臨機応変に対応できるスキルが必要とされるのです。時にはレッスンの内容を大幅に変更して乗り切ることも起こり得ます。

返信を残す

必須項目には印がついています*