英会話講師

 英会話講師という仕事について、実はよく分かっていない人は多いのではないでしょうか。この仕事は授業に携わることだけでなく、様々な業務を担わなければなりません。授業計画を立てたり、教材を開発したり、各種研修を受講したりしなければならないのです。また学校にもよりますが、講師自身がチューターの役割を果たしたり、入学を検討している客に説明したりすることもあります。これらに加えて採点等の雑務が重なると、大変忙しくなるのが英会話講師という仕事なのです。
 では英会話講師に向いている人はどのような方なのでしょうか。採用する学校から真っ先に求められるのは、声がよく通ることです。研修でも訓練することになりますが、大きな声ではきはきと話せない人は、幾ら英語の能力が高くても、講師は務まりません。声質が好印象を与える人は、生徒から好かれる傾向にあります。また、明るい性格であることも求められます。この点はイメージ通りでしょうが、英会話講師はポジティブにコミュニケーションを図れる人でなければなりません。話すのを躊躇っている生徒を会話に引き込むのが講師の役割だからです。内向的な性格の人は向いていないのかもしれませんが、努力次第で良い講師になった例もあります。どうしても英会話講師を目指すのであれば、自分の性格を変えるくらいの気概を持ちましょう。
 英会話講師に共通するのは、好奇心が旺盛だということです。講師は教える側ですが、自分自身も勉強しなければなりません。仕事の合間に勉強時間を確保するのは大変ですが、それも仕事の内だと考えられるくらい努力することが求められます。その努力を支えるのが好奇心なのです。

返信を残す

必須項目には印がついています*