発音を意識する

When やwhichのような音と、 them と thenの違いを意識して発音をしていくと、英語は通じるようになるそうです。

逆に、発音を適当にしているとせっかく英語が読めても、通じる英語ができないということになるそうです。

上達の仕方が変わってくるということで、発音は発音記号から勉強しておくのは大切だそうです。

語尾にnがつく言葉はたくさんあるかと思います。

その語句の練習のときに、いつもn を意識していたら必ずうまくなっていると思います。

文法の勉強で読むときにも、発音を意識することが大切だそうです。

そうはいってもスピーキングで嫌になるのは、やっぱり発音だと思います。

発音記号を覚えるのも大変ですし、それを発音するのはもっと大変だと思います。

ただ、たくさん覚えていくにつれて勘が働くようになるそうです。

英単語にも法則はあるそうですし、勉強を重ねていくうちにそれに気がついたりするそうです。

発音が下手で勉強がうんざりしたりするのは、誰でもあるそうです。

発音記号を覚えて発音に気をつけていけば必ず正しい発音が身につくそうです。

それがうまい下手というのはあまり関係ないそうです。

正しい発音をしていくことが大切で、ネイティブみたいにキレイな発音ができなくても落ち込むことはないそうです。

ネイテイブでも訛りはありますし、日本だって訛りがあるので、日本語訛りがあると思っていればいいかと思います。

通じる英語を話せるようになることが目的なので、上手くやろうというのは後でいいかと思います。

無理に英文を作ってネイティブの人が使わないような表現を使ってしまうことがありますが、そんなことをして相手を悩ますよりも自分でも分かる簡単な英語が伝わるようにできたらいいそうです。

返信を残す

必須項目には印がついています*