本当の失礼にあたる場面

前項で、ビジネスシーンにおいて失礼にならないための言い回しについて説明しました。もちろん「失礼になるかもしれない」と心配して黙り込むのは一番駄目なパターンですが、それ以外で、英文として「使うと失礼にあたる」ものをいくつか紹介します。日本人がよく使いがちな表現なので、注意してください。

ひとつは「What’s your name?(名前は何?)」です。この言葉自体は失礼ではないのですが、ビジネスシーンでは砕けすぎています。「May I have your name?(お名前をお伺いしても良いですか?)」とした方が良い場合が多いです。他にも例えば、返信をお待ちしてていますと言いたい時に「I’m waiting」と言うと、送ってから随分と時間が経ったのに返信がない、と言ったような、催促しているニュアンスになってしまいます。「I’m looking forward to your reply(返信をお待ちしています)」と言った方が無難です。ビジネスシーンで英語の電話を受けた時に多いのが、「Please wait」という言葉です。「wait」に「Please」をつけることで丁寧にお願いをしていると感じるかもしれませんが、これは友人同士など、ある程度くだけた間柄では使えますが、ビジネスシーンでは失礼になってしまいます。何故なら「Please+動詞」は、命令形と同じなのです。日本人は「なんとなくPleaseをつけるだけで丁寧な表現になる」と勘違いしがちです。この場合の正しい表現は「Just a moment」です。更に丁寧な表現にしたい場合に、ここに「please」を付けるのは構いません。

少し言い方を変えるだけで、ずっと丁寧に聞こえる言葉も多いですし、「なんとなく」の英語は間違っている場合が多いです。元々英語の基礎ができている人なら「ビジネスシーンでこの表現はいけない」という吸収も早いと思います。まずは基礎を作った上で確認しましょう。

返信を残す

必須項目には印がついています*