現代人は英語が好き

英語が全世界で、何より使われている要因と考えられるのは、公衆からの支持です。

現代の人達の嗜好に完璧に合っているのが、堅苦しくない軽い感じのア メリカの社会とカルチャーなのです。 長い歴史の中で、身分の高い言葉として使われていたフランス語が、民衆の言葉と しての英語に、少しずつ代わってきたと考えられます。 アメリカ流の生活習慣や、娯楽などが世界に拡大されるとともに、一般大衆文化の観点からアメリ カが主導を握るようになったのです。

これらにより、一般大衆の世界共通の言葉として、英語の位置付け が確立されてきました。 日本の某有名な世界的指揮者は、若き日のヨーロッパ観光で、ア メリカのジャズの人気度が、かなり高かかったと手記に書いています 。 英語は広範囲の色々な人々に使われるようになりました。

また、エンターテインメントでのあらゆる国への英語は、半世紀以上前に、とっくに拡大していたのです。 しかも20世紀になると、緩やかに展開されたグローバリゼーションとい う後押しもあり、英語を公用語としない国や都市でも英語が広がっていったの です。 今や英語は、アメリカやイギリスだけの言語ではなく、アジアでもかなり使われている言葉なのです。 他国が英語を積極的に取り入れてきたので、決してアメリカが支配者として を押し当てた訳ではありません。

また、英語が永続的にパワーを保持し続けると考えられる要因として、英語が若い人に興味を持たれている言葉であるということです。 英語はもはやただの言語ではなく、海外の人々との交流を円滑に図る為の手 段になっているのです。 そして英語を深く知ることによって、使われている国の背景や考え方がよく見え てくるようになります。 英語は、世界の人々や国を友好的に繋げることが出来る素晴らしい言葉なのです。

返信を残す

必須項目には印がついています*